ブースター・導入液とは?その役割について

ビューティーオープナーの美容液が卵殻膜美容液国内売上No.1だそうです。

この美容液、通常の化粧水の後に使用するものではなく、洗顔後のお肌に塗布する、いわばブースターとして使用します。最近は様々なブランドからこのブースター、あるいは導入液が販売されていますが、まだまだ一体どういうものなの?使う必要性は?どんなふうに肌が変わるの?などなど疑問があって手を出すことにためらいがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はブースターの役割について解説したいと思います。

そもそもブースターとは?

ブースターの役割は、肌をやわらかくしてその後のスキンケアがお肌に浸透しやすくすること。スキンケア成分がお肌により届くということは効果が発揮されやすいので効率的ですね。 ブースターにはビューティーオープナーの美容液同様化粧水タイプやオイルタイプもあります。お好みで選んでいただいて構いませんが、オイルタイプだとその後の化粧水などをはじくのでは?と思われるかもしれません。ビューティーオープナーもオイルが入っていますが、浸透力抜群、肌なじみがとてもいいのが特徴です。これはオイルといっても肌との親和性が高いものが採用されており肌をやわらかくする役割を果たしてくれます。そのため化粧液タイプでもオイルタイプでも、自分の肌にあったものを使ってください。

ブースターを使ったほうがいい人は?

では、どんな人がブースターを使ったほうがいいのでしょうか。今のままで充分!という人は必要ないでしょうが、肌力が底上げされますので知っていて損はありません。

赤ちゃんの肌を思い浮かべてみてください。ふわふさ、マシュマロのようにやわらかく、弾力があり、キメが整っていますよね。水分量が多く、大人になるにしたがって失われていくコラーゲンがたっぷり入っています。年齢とともに肌に柔らかさが失われ、かたくごわついてしまう。また乾燥が気になる。そんな赤ちゃん肌とは正反対にあるお肌の女性にはブースターがおすすめです。

ブースターには先ほど述べたように肌をやわらかくする働きがあります。年齢とともに乾燥して角質がかたくなってしまうと化粧水や美容液を塗ってもしっかりと肌へ入っていきません。そのためにブースターが必要。いつも愛用していた化粧品が肌にあわなくなったな、とか、何を使ってもうるおいを感じなくなったという人は、スキンケア用品を変える前にブースターというアイテムを追加してみてください。そうすることで、同じ化粧品を使っているとは思えないほどしっとり、もっちり感を感じることができたという口コミもあります。

どんなにいい成分、機能性のある化粧品を使っていても、それがしっかり肌の奥深くまで届かなければ意味がありません。そういう意味では、年齢を重ねた肌には特にこの導入美容液はマストアイテムとして使ってほしいと思います。

ビューティーオープナーのおすすめポイント

卵殻膜美容液で売上を伸ばしているビューティーオープナー。この商品でブースターのよさを知った女性も多いのではないでしょうか。

卵殻膜とは卵の殻の内側にある薄い皮のこと。この皮は古くから傷の治療などに使用されてきており、卵からヒナを誕生させるまで栄養を供給し守り、育てるその力を化粧品の原料として利用したものです。

この卵殻膜成分のすごいところは、赤ちゃんの肌に多く存在するⅢ型コラーゲンの産生を促進してくれること。継続して使用することでハリや弾力を取り戻し、乾燥による小じわも改善されます。年齢とともに気づかぬうちに少しずつたるんでくるお肌。若い頃の写真と今を見比べると何かが違う?と感じたらおそらくそれは「たるみ」。このたるみ、放置すると年齢を感じさせるだけでなく、顔が面長に見えたり、毛穴が目立つ「たるみ毛穴」にもつながります。

卵殻膜の力を借りることで、その後のスキンケアの性能をアップさせるだけでなくコラーゲンを増やし、ハリ、弾力も生まれてくる夢のような商品。スキンケアアイテムを増やすことをコスト面からも躊躇する女性も多いかもしれませんが、化粧水や美容液のコストを少し落としてでもブースターにまわしたほうが肌の調子があがるかもしれません。ぜひお試しください。

はじめての方にはこちらがおすすめです。特別プレゼントがついているので、ライン使いでたっぷり卵殻膜成分を堪能できます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク