乾燥が気になる時期の保湿クリーム

1年を通して乾燥は続いていますが、季節によって乾燥の仕方は変わってきます。
冬は気温も湿度も低いのでとにかく乾燥が目立ちがちであり、逆に夏は湿度も気温も高い、テカリやべたつき+乾燥など。

乾燥した肌では化粧ノリも悪くなり、崩れるのも早くなってしまいます。

そこで、 乾燥のお供と言える 保湿性クリームについて調べてみました。

保湿クリームの役割

保湿クリームは、その名の通り保湿を基本とした成分が配合されています。
化粧水や乳液など肌に充分に水分を与えてから、その蓋をする役目としてスキンケア後に使用されることが多いと思います。

一方、保湿クリームには油分が多いため、オイリー肌の方や混合肌の方には抵抗がある方が多いのではないでしょうか。
しかし、オイリー肌になってしまう原因の一つも乾燥です。
乾燥を防ぐにはしっかりと保湿をしなければなりません。

べたつきが気になるところですが、元を改善するには少しの我慢が必要です。

オイリー肌と保湿クリーム

油分が多い保湿クリームは、オイリー肌の人にはなかなか手が出しにくいものだと思います。
ですがしっかりケアしないと乾燥を防ぐべく、過剰な皮脂分泌が続きオイリー肌は改善されません。

クリームを使う際は、顔全体に広げて塗ってしまうと余計べたつきが気になってしまい洗顔欲しか出てきません。
なので全体に塗るのではなく、皮脂が多いと思う部分には薄く伸ばし、他の部分には普通につけるのが効果的です。

汗をかきやすい夏などは、悪化させてしまう恐れがあるので無理に使用する必要はないと思います。

乾燥には必要不可欠な存在

乾燥肌の方には、保湿クリームは必須だと言えます。

冬など乾燥が酷い時期はとくに保湿が大事。
乾燥で肌が突っ張ってしまうため、シワなど目立ちやすくなってしまいます。
気になる口元や頬などには重ね付けして、しっかりと保湿をしましょう。

夏も油断は大敵です。
空調による乾燥・紫外線による乾燥など季節関係なく、適度な保湿が重要ですね。

基本的なスキンケアのすすめ

それぞれなりたい肌を目指すために、日頃からスキンケアは欠かせません。

「 このスキンケア法でいいのかな 」と悩む方や、「とりあえずつけておけばいいや」と手間を惜しむという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

改めて、スキンケア化粧品にどんな役割であり、どんな効果があるのか基本的な肌のお手入れについてまとめてみました。

肌を整える役目、化粧水

スキンケアには人それぞれのやり方があり、それぞれの肌タイプに合った効果があります。
ですが、するのとしないのとじゃ差はやはり出てきてしまいます。

基本的なスキンケアと言えるのは化粧水と乳液。
綺麗に洗顔したあと、化粧水→乳液の順番でケアするのが一般的です。

化粧水は汚れを落とし、敏感になった肌に水分を補給し、保湿成分や有効成分で肌の調子を整える役目があります。

カバーして保湿する乳液

乳液は 、保湿クリームより油分は少ないですが保湿成分が配合されており 、 肌の水分や馴染ませた化粧水の成分を逃がさないための蓋として、化粧水の後につけます。

保湿クリームと役割は似ていますが、保湿クリームの方が油分は多く、脂性肌の方には少し抵抗があるかもしれません。

+αの存在、美容液

保湿成分 ・ コラーゲン ・ ヒアルロン酸などの美容成分が、濃縮されてできたものが美容液です。
この美容成分をより肌に吸収させるために、化粧水で肌を整えてから使うことが効果的です。

化粧水と乳液だけでももちろん保湿はされますが、美容液を使用することによって、普段では補えないような肌のダメージなどを念入りにケアすることができます。
化粧水や乳液では、ケアした気にならないという方にはプラスワンアイテムですね。

最後に

スキンケアは毎日少しずつの積み重ねです。

使用する商品の配合されている成分や、自分の肌に合った配合のものを選んで使用することで、美しい肌になり、保っていくことができると思います。

夏に多い肌トラブル

梅雨に入り安定しない天気が続きますが、夏はもうすぐそこまできています。
日差しが強くなってくると、紫外線対策など肌のお手入れにも力が入ってくるのではないでしょうか。

夏こそ肌は大ダメージを受けやすいのです。

エアコンによる肌への攻撃

気温が高くなってくると、自然と冷房生活をするようになります。

しかし外は熱帯、中は氷河で肌は暑い⇔寒いと板挟みになっています。
体温が安定しない状態を繰り返していくと、肌の代謝も安定せず、ターンオーバーが乱れる原因に。

そうなると肌のバリア機能の低下により、修復力の低下、肌質がどんどん落ちていってしまいます。
ニキビや肌荒れなどはもちろん、治癒力も落ちているのでなかなか治りづらくなります。
冷房の使用をやめるべきとまではいきませんが、外との気温差には注意が必要です。

強烈な紫外線の攻撃

夏になって1番気になる肌問題としては、紫外線がほとんどですよね。

日焼け止めでしっかり対策しないと、必要のないメラニンがたくさん増加してしまいます。近いうち顔がシミだらけなんてことも・・・

そして紫外線は、肌の老化をも促進させてしまうので、充分な紫外線対策が大事になってきます。

夏の乾燥問題

夏だからといって、おざなりにしてはいけないのが保湿です。
確かに蒸し暑いとスキンケアをする気が出なくなってしまいます。
お風呂から上がった後なんかはとくに、夏疲れでゆっくりしてしまいがちです。
しかし、冷房に当たりすぎた肌は急激に乾燥しています。
汗と化粧や汚れで肌はダメージを受けているので、美肌のためにも、めんどうくさがってはダメです。
お風呂から上がったらすぐに保湿を。

乾燥は肌トラブルの原因にもなります。
夏こそ保湿に手を抜いてしまいがちですが、しっかりと保湿ケアをしましょう。

最後に

夏はとくに、肌ストレスを感じさせやすい時期でもあります。
顔のテカリやべたつきを防ぐためにも、毎日のスキンケアを大事に、肌を労わっていきましょう。

朝と夜のスキンケアでの違い

毎日のスキンケアは人それぞれ 、 色々な方法があります。

その中でも、朝も夜も同じお手入れをしている方・お手入れは夜だけという方も多いのではないでしょうか。
朝と夜とでの肌のお手入れは、実は違ってくるのです。
日頃のスキンケアが、もしかしたら肌に負担がかかっているかもしれません。

そこで、朝と夜とのスキンケア の違いについてまとめてみました。

朝のスキンケア

寝ている間にも 、 顔は汗をかきます。
布団や枕から出る生活埃など、朝の洗顔で落としてから化粧を始めることが何よりです。
では、朝もしっかり泡立てて洗顔したほうがよいのでしょうか。

しかし中には、忙しい朝にそんな時間はないという多忙な方もいらっしゃいます。

寝ている間でも皮脂は分泌されるのですが、日中ほどの皮脂量はないので、ホコリなどの汚れが大方洗い流せれば、そこまで気にしなくてもよさそうです。

そして洗顔する際は、 ぬるま湯が適しているとよく耳にします。
ですが、朝の場合は水でもいいかと思います。
目も覚めるし、シャキッとさせるのが朝らしいですよね。

洗顔後の保湿はしっかり行いましょう。
日中に受ける肌のダメージの負担は大きいので、きちんと肌を整えることが必要です。

夜のスキンケア

『化粧を落として洗顔したら保湿で終わり』
もしかしたらそのルーティーンを続けていても、逆に肌の疲れは取れない一方なのでは・・・
夜は朝とはまた違った重要さがあります。

まず溜まりに溜まった顔の皮脂や、化粧の汚れを充分に落とすことが大事です。
この汚れをうやむやにしていたら、いくら徹底的なスキンケアをしていても 、 美容液などが肌に行き渡らないため効果はありません。
クレンジング・洗顔で充分に1日の汚れを的確に落として、すぐに保湿をしましょう。

保湿には充分に時間をかけてしっかり行うことが重要です。
日中の紫外線などの外的刺激で、ダメージが進んだ肌は潤いをなくしています。
清潔な肌になったら、ブースター⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリームの順で正しく肌に潤いを与えましょう。
定期的なフェイスシートなどプラスでケアをすると、より肌が活性化されると思います。

最後に

朝のスキンケアには、1日の外的刺激から守るため、しっかりと土台を整えることが必要です。
時間に追われる朝なので、オールインワン商品など活用するのもありだと思います。日中のダメージに備えましょう。

夜のスキンケアは、1日の受けた肌のダメージのケアを重点的に考えます。
寝ている間にしっかり修復できるよう綺麗に汚れを落としきり、充分に肌を労わることが重要です。

気になるお肌の曲がり角

年齢とともに気にせずにはいられない肌の衰え。
「 最近化粧ノリが悪い・・・ 」 「 しわやたるみが目立ってきた・・・ 」 など、悩みが増えていく方が多いと思います。

お肌の曲がり角はいったい何歳からなのでしょうか。

いつから角を曲がる?

お肌の曲がり角は大体30代初め頃からと言われています。
早い人であれば、25歳から曲がり角を感じている人もいるのではないでしょうか?

シミが増えてきたりほうれい線が目立ってきたり 、 顔色が暗かったり肌が荒れてもなかなか治らなかったりなど。
曲がり角に気づくきっかけとしては、ふと気になってしまうことだと思います。
いつか来るものだとわかっていても、なんとなく怖いものですよね。

曲がり角が来れば、これまでしていたスキンケアでは通用しなくなってくるかもしれません。
一度見直してみる必要があります。

曲がり角対策には?

もともと肌にはコラーゲン ・ ヒアルロン酸 ・ セラミドといった美容に効果のある成分が存在しています。
加齢によりこれらが減少していくことによって肌の調子が衰え、しわやたるみなどといった問題が出てきます。

老いていくのはどうにもならないことですが、エイジングケアをすることによって少しでも若々しく、美しい肌を維持することができます。

シミが気になってきたなと思ったら、しっかり紫外線対策をすること。
紫外線はシミの大きな原因なので、シミを増やさないためにも日差しが強い日はとくに対策が必要です。

しわや肌荒れが目立つ際には徹底したスキンケアを。
コラーゲン ・ ヒアルロン酸など配合されたものを使用すると、ハリやツヤなどに効果的だと思います。
乾燥は老化を進める原因なので、充分な保湿ケアが大事です。

まとめ

‘’もうお肌の曲がり角は来てしまったから遅い’’と、諦めてしまうのは早いです。
遅すぎたと感じている人も、今からでもたくさんできることはあると思います。
気になる部分はしっかりとエイジングケアをして、すべすべな肌を手に入れましょう。

角栓を撃退!ピーリング効果

古い角質や化粧残りなど、毛穴に詰まってしまうことによってできてしまう角栓。
ニキビや肌荒れ予防や、肌の調子を整えるためには定期的な角質ケアが必要になってきます。
そこで、ピーリング効果について調べてみました。

ピーリングとは?

ピーリングは肌の代謝を促す角質ケアの1種で、皮膚の古くなった角質をなくす美容法です。
ちなみに英語で『はぎ取る』という意味だそうです。

顔に酸を塗り洗い流すことで、古い角質・黒ずみ・シミなど肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の改善になります。

ピーリング剤に入っている成分は主に、グリコロール酸・サリチル酸・リンゴ酸などです。

ピーリングの効果

古い角質は皮膚表面に溜まってしまい、毛穴のつまりやニキビなどといった肌トラブルを起こしてしまうのです。
そこで定期的なピーリングをすることによって 、 肌に溜まった汚れや古い角質を除去します。

新しい角質の再生効果や、黒ずみやシミを薄くし、ターンオーバーの周期を戻してくれる効果があります。

加齢とともにターンオーバーは乱れていきますが、年齢に合ったターンオーバーにする効果があるので 、ピーリングは肌トラブル対策としては欠かせないものです。

ピーリングの使用

美容の敵と言われる黒ずみやシミなどが、目立たなくなるのはとても嬉しいことですよね。
しかし、だからといってピーリングを毎日行うのは危険です。

ピーリングは古い角質などを落としてくれることから、洗浄力がとても高く、肌に刺激性の強いアイテムです。
肌の表面を削っているような状態なので、毎日行ってしまうと逆に肌を傷つけてしまいます。

肌の状態をよく見て、多くても週に2回に止めておくことがおすすめです。
基本的には裏の表記通りに従って行いましょう。

ピーリング後は肌がとても敏感な状態で乾燥しやすくなっています。
摩擦など、余計な刺激を与えないように充分に保湿をしましょう。

まとめ

ピーリングの種類には石鹸やジェルといったタイプがあるので、自分に合ったピーリングを見つけてすべすべな肌を手にしましょう。

また肌が弱い方や心配な方は、医療機関でも受けることができるので、まずは通ってみるのもありだと思います。

夏に起こる「隠れ乾燥肌」

日本の夏は湿度が高くてジメジメするので、暑さも加わって非常に過ごしづらくなります。
そんな厄介な夏は 、お肌の敵がたくさんいます。
紫外線はもちろんのことですが 、汗をかくことにより起こる肌トラブルもたくさんあります。
そして夏こそ 、 乾燥に注意しなければいけない時期なのです。

隠れ乾燥肌とは?

隠れ乾燥肌とは皮脂分泌が多く 、内側の水分が少ない状態のことです。
つまり肌表面はオイリー肌になり 、内側は乾燥肌ということになるのでしょう。とても複雑な肌質と言えます。

肌表面はなぜべたついてしまうのかというと、乾燥を防ぐためや外的刺激から守ろうと、皮脂が必要以上に分泌されているからです。

皮脂が必要以上に分泌されると、テカリの原因やニキビ・肌荒れを引き起こします。
この点から見ると、オイリー肌と症状が似ているところがあります。
しかし、オイリー肌は内側の水分が少ないわけではないので 、 症状は似ていますが隠れ乾燥肌とは同じ仲間ではないのです。

隠れ乾燥肌の改善策とは?

日々の生活や合わないスキンケアで、隠れ乾燥肌になってしまうことがありますが、肌に必要な成分のセラミドやコラーゲンが減少することによって隠れ乾燥肌になることも多くあります。

まず、隠れ乾燥肌の改善には適したクレンジング・洗顔が重要です。

べたつきを落とそうと、洗浄力の強いオイル系のクレンジングを使っては肌に必要な皮脂も落とされるので、余計に皮脂が分泌されてしまいます。
そうなるといつまでたってもべたつきは取れません。

なのでちょっと洗浄力は落ちてしまっても 、肌に優しいクリームやミルク系のクレンジングがおすすめです。
メイクなど落ちにくい場合は 、 ポイントリムーバーを使用するのもありかと思います。
洗顔には、肌の水分量など整えてくれるコラーゲンやアミノ酸が配合されたものがおすすめです。
しっかり泡立ててから、クレンジングや洗顔をして清潔な肌になりましょう。

洗顔を終えたらしっかりと保湿です。
セラミド・コラーゲンの成分を含んだ美容液などで、充分に肌に潤いをもたらしましょう。
いつでも乾燥はしてしまうので、素早く保湿することが大切です。

まとめ

隠れ乾燥肌は年齢問わず、誰しもなってしまう可能性があります。
そして加齢とともに肌質はどうしても落ちていきます。

同時に肌のバリア機能も低下していくので、今からのエイジングケアも大事になってきますよね。

不安定な肌の対処法

肌の悩みの大元と言えるのは肌タイプです。
タイプによって肌にかかるストレスやケアの仕方、対処法が変わってきます。
肌トラブルが起きればメイクノリが悪くなったり 、調子が上がりません。
なかなか調子が上がらず、改善されないと諦めてしまいがちです。

今回はそんな肌タイプの中の一つである、敏感肌について調べてみました。

敏感肌の特徴

ストレスや生活習慣、紫外線や花粉などの外的刺激など少しの負担がかかるだけでも、肌に影響が出てきてしまうのが敏感肌です。

ヒリヒリしたり吹き出物ができやすかったりなど 、 安定しない肌トラブルが続きます。
肌のつっぱりや、かゆみなどの症状がある乾燥肌もこの敏感肌の一部なのです。

なぜ敏感肌になってしまうのか?

それは肌を守ってくれている成分が減少しているからです。
角質層や体内にある保湿成分などが減っていくと、肌のバリア機能が弱くなってしまい、敏感肌へとなってしまうのです。

体質的なものからくることもありますが、栄養バランスの偏り ・ 乱れた生活習慣・洗顔やクレンジング・ 肌に合ってないスキンケアなど 、 基本的に日々の生活で敏感肌になってしまう方が多いです。

敏感肌になったかなと思う人や、改善がみられない方は一度見直しが必要な箇所が様々です。

敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケアとしては、肌に刺激性のない塗布物を使用することです。
普段使っていつ化粧水や乳液、洗顔などで悪化してしまう可能性もあります。

あまりに洗浄力が強すぎるものや、ヒリヒリが続くようなものであれば 、すぐに選びなおした方がいいと思います。
それが原因であれば、使用をやめた使用を肌の質が良くなるかもしれません。

そして洗顔やクレンジングは、丁寧かつ素早く行うのが最適だと思います。
なるべく肌にダメージを与えないように、優しく扱って下さい。

最後に

敏感肌は天気や気温の変化でも肌に影響が出てしまいます。
急なニキビや肌荒れがおきたり、化粧ノリが悪かったりするとへこんでしまいますよね。
できることはやって、安定な敏感肌の改善をしていきましょう。

とくに気になる目元ケア

30代を超えるとシミやしわが目立ち始め、肌に変化を感じてくる人が多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるとどうしても肌は衰えていき 、気になるところがたくさん出てきてしまいます。

その中でも今回は、とくに悩みが多い目元についてまとめてみました。

そもそもの目元

人の印象において、上位で印象づきやすいと言われているのが目元であり、
年齢が現れやすいと言われています。

クマやしわ・たるみなど、加齢とともに目立ってきたなと感じ始めている人が多いのではないでしょうか。
目は他の部位と比べて 、 とても皮膚が薄く特殊な部位です。なので、ダメージの蓄積も大きく年齢が出やすいのです。

目の皮膚には他の肌に比べると、ヒアルロン酸が多く含まれています。
このヒアルロン酸が加齢によって減少されていくと、しわやたるみなどといった老いが生じるのです。

また、目元のお手入れは20代から始めたほうがいいと言われています。

若いときは何の変化も出ないし大丈夫と思いがちでも、しっかり目元ケアをしないと30代を過ぎたあたりから急に目立ち始めてしまいます。

目元ケア

第一印象でとくに目元が印象づきますが、その中でも1番目に入るのはクマ。
クマがあるととても疲れているようなダルさの印象があり、顔の色を一気に暗くしてしまいます。

そんなクマができてしまう原因は、血行不良・寝不足・加齢によるたるみからくるものです。化粧の残りなどの色素沈着・目をこするなどもクマの原因です。
シミやしわの改善や予防には紫外線も要注意です。
目元という限られた範囲でも充分にダメージを受け、年齢を重ねるとその影響は大きく出てきてしまいます。

まずは目元にも入念な紫外線対策を。
そして健全な生活を心がけ、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

化粧を良くされる方はしっかりとクレンジングで化粧を落とし 、 目元専用の美容液でしっかり保湿をしましょう。
クマは色素沈着によって起きるため、 美白成分配合のものが最適です。

まとめ

今からでもきちんとケアをすれば、しわやたるみなどの予防や改善に繋がっていくはずです。
また日頃から目元のマッサージを行うことで、 血行の流れをよくし 、たるみやしわなどにも効果的です。
今からの目元ケアを徹底して美を高めていきましょう。

顔のたるみを防ぐ!エイジングケア

年齢を重ねれば、加齢による頬のたるみや目元のたるみなど、老けて見える要素がたくさん現れてきます。
顔がたるんでいると、実年齢より10歳は老けて見えると言われています。

もちろん老化には逆らえませんが、少しでも若々しく見られたいという方がたくさんいらっしゃると思います。
そんなたるみ対策にはどうしたらいいのでしょうか。

たるんでしまう原因

たるみが目立ってくるのは早い人で20代からの方が多く、 30歳を過ぎたら改善するほかありません。

そもそもたるんでしまう原因は、 肌のハリ・ツヤ等を支えてくれている成 分・ 皮膚内のコラーゲンやエラスチンなどの減少です。
そして、老化で筋肉が衰えてしまうとたるみが起きてしまいます。

加齢とともに進行してしまうのも一つの原因ですが、未然に防げる原因もあります。

それは紫外線・栄養バランス・生活習慣・乾燥などです。 中でも紫外線はシワの1番の原因ですが、たるみにも大きく影響しているのです。
紫外線を浴び続けることによって、皮膚に必要なコラーゲンやエラスチンが破壊されていき 、 減少していくことでたるみに繋がります。

また、乾燥も紫外線と同様にたるんでしまう大きな原因の1つです。
肌が乾燥してしまうと 、 保湿のもとであるヒアルロン酸が減少してしまいたるんでしまいます。
こういった紫外線により、できるシミやしわのことを光老化と呼ばれています。

たるみの改善・予防

たるみケアは内側・外側の両方からケアすることが重要です。

内側からのケアとしては、食生活・栄養バランスを整えることです。
たるみは筋肉の衰えからくるものなので、バランスよく栄養を行き渡らせることが重要です。タンパク質・ミネラル・ビタミンなど、必要な栄養素をバランスよく摂取しましょう。

外側からのケアは、まず紫外線対策・保湿ケアです。
こまめに日焼け止めを塗ってなるべく日差しを避け、しっかりと保湿ケアをして乾燥状態をなくしましょう。

また、不規則な生活を送っている方は生活習慣の改善は必要です。
寝不足も老化の原因になってしまうので、睡眠時間は充分に確保しましょう。

最後に

エイジングケアといっても、高級化粧品を使ったり 何か特別なことをしなきゃいけないというわけではありません。
日頃の生活スタイルや、肌のスキンケアを行っていれば老化は遅らせることができます。
効果はすぐには出てきませんが、続けることで綺麗は手に入ります。